くらし情報『加藤シゲアキの小説が次々と文学賞ノミネートに「受賞させたい」思惑』

2021年2月3日 16:00

加藤シゲアキの小説が次々と文学賞ノミネートに「受賞させたい」思惑

加藤シゲアキの小説が次々と文学賞ノミネートに「受賞させたい」思惑
加藤シゲアキ
《文学に詳しい仲間からは“すごいね”と言ってもらえた。直木賞を受賞していたら吉川英治文学新人賞には候補にならないので、“(直木賞を逃したからこそ)なれる候補もあるね”とやさしい励ましもいただきました》

2月2日、NHK土曜ドラマ『六畳間のピアノマン』のリモート取材会に出席したNEWSの加藤シゲアキが、「第42回吉川英治文学新人賞」に自身の小説『オルタネート』がノミネートされたことを受けて心境を語った。

「同作は『第164回直木三十五賞』最終選考まで残り、先日には全国の書店員によって選出される『2021年本屋大賞』候補作にもノミネートされました。この2004年にスタートした文学賞は、“本当におもしろい作品が選ばれる”賞の一つとして読書愛好家からの評判も高く、受賞作はメディアミックスされて漫画や実写になることが多い。

すでに話題性ある『オルタネート』は、早くもドラマ、映画化が決定しているとも聞きます。高校生の群青劇だけに後輩の若手ジャニーズが出演して、主題歌をNEWSが担当というところか。あとは“○○賞受賞作品”というハクがほしい」(広告代理店関係者)

■小説家を志した裏にNEWSの崩壊

青山学院大学法学部を卒業した“高学歴ジャニーズ”の加藤が、『ピンクとグレー』でデビューしたのが2012年1月のこと。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.