くらし情報『高橋英樹、引退説を直撃「時代劇がない」迫る“役者稼業の引き際”』

2021年2月9日 11:00

高橋英樹、引退説を直撃「時代劇がない」迫る“役者稼業の引き際”

高橋英樹、引退説を直撃「時代劇がない」迫る“役者稼業の引き際”
2月上旬の昼下がり、愛犬と散歩する高橋英樹。「体調万全で仕事に参加できるように」と、日々運動を
1月29日に放送された『徹子の部屋』(テレビ朝日系)で「家にあるものを全部、断捨離した」と告白して世間を驚かせた高橋英樹。なんでも娘の真麻に、「私にとってはゴミ!」とピシャリと指摘されたのがきっかけというが、それは不用な家財道具を捨てた……だけではなかった。

「英樹さん、出演されたドラマや映画の衣装や、制作時の記念品、DVD、台本をご自宅に全部きちんと保管されていたんです。17歳でデビューされた英樹さんの、貴重な60年分の記録であり記憶ですよ」(制作会社関係者)

だが、その品々も、

「全部、捨てちゃったって。いくらなんでも俳優人生の思い出の品まで処分するなんて英樹さん、何か思うところがあったんじゃないかな?」(前出・制作会社関係者)

実際に一部のテレビ局関係者の間では、こんな話もささやかれているという。

「高橋さんが“俳優業を引退するんじゃないか?”と。高橋さんも2月10日で77歳。最近は現場に入る前に“セリフ覚えが大変”なんて、こぼすこともあるそうですし」

たしかに、ここ最近の高橋の仕事ぶりを見てみると、俳優業が2019年ごろからガクンと減って、『にっぽんの芸能』(NHK)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.