くらし情報『北村一輝がオーナーのカレー店、コロナ禍の出店拡大に心配「天国と地獄か」』

2021年2月16日 21:00

北村一輝がオーナーのカレー店、コロナ禍の出店拡大に心配「天国と地獄か」

北村一輝がオーナーのカレー店、コロナ禍の出店拡大に心配「天国と地獄か」
北村一輝
「ルールがある以上、守られるべき。私たち警察官は一般市民以上に順守するべき」

そう先輩をまくしたてるのは綾瀬はるか。これは高橋一生と綾瀬のW主演ドラマ『天国と地獄~サイコな2人~』(TBS系)でのワンシーン。

「殺人鬼役の高橋さんを刑事役の綾瀬さんが追い詰めるのですが、逮捕目前で“魂”が入れ替わり、立場が逆転してしまう物語。今クールのドラマの中で最高の視聴率をたたき出しました。“中身は殺人鬼の女性”を演じる綾瀬さんもですが、“女性の心が宿った男”を演じる乙女な仕草の高橋さんからも目が離せません」(テレビ誌ライター)

主演ふたりの演技に注目が集まるけれど、それを引き立たせているのは北村一輝だ。

「どいてくれますかね。オレらは風紀委員さんと違って現場がありますんで」

綾瀬に嫌みを言いながら立ち去って行く北村は、犯人逮捕のためならば、どんな手段もいとわない剛腕刑事役。ジリジリと“後輩刑事の魂が宿る犯人男”に迫っていく様子は、手に汗握る。

いや〜な先輩刑事も、幅広い役をこなすベテラン俳優の北村にはお手のものだが、実はカレー店のオーナーという経営者の顔も持ち合わせる。

「インド人のように顔の濃い北村さんが2019年4月、赤坂に『大阪マドラスカレー』を開店。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.