くらし情報『「中居正広らの退所」「Jr.の定年制」変革進む“ジャニーズ株式会社”の企業理念』

2021年2月11日 16:00

「中居正広らの退所」「Jr.の定年制」変革進む“ジャニーズ株式会社”の企業理念

「中居正広らの退所」「Jr.の定年制」変革進む“ジャニーズ株式会社”の企業理念
左から中居正広、山下智久、長瀬智也
芸能界のトップに君臨してきたジャニーズ事務所に異変が起きている。

「2019年7月にジャニー喜多川さんが亡くなってから、錦戸亮、中居正広、手越祐也、山下智久と、人気タレントによる退所の流れが止まりません。『少年隊』の錦織一清と植草克秀も昨年末で辞めましたし、今年3月には長瀬智也も辞めることが決まっています」(スポーツ紙記者)

2018年にも3人が辞めた。

「山口達也はスキャンダルが原因でしたが、今井翼と渋谷すばるは“やりたいことがある”と言って退所。かつては“男性アイドル帝国”と呼ばれ、ジャニーズを辞めたら“芸能界で干される”なんて言われていましたが、最近は退所しても活躍の場があると考えているのでしょう」(ワイドショーデスク)

ジャニーズ事務所の歴史は、1962年に始まった。4人組グループの『ジャニーズ』が結成されたのだ。

「最初は野球チームだったんです。ロサンゼルス生まれのジャニーさんは日本のアメリカ大使館に勤務していたそうで、仕事の合間に少年たちを集めて野球を教えていました。それが『ジャニーズ少年野球団』。雨で練習が中止になって見に行ったミュージカル映画『ウエスト・サイド物語』に感動した4人の少年が、野球よりもミュージカルのほうがカッコいいと感じ、歌って踊れるアイドルを目指しました」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.