くらし情報『リメイクしてほしいアニメ作品ランキング、50代男性(オタク第1世代?)が選んだTOP20』

2021年3月11日 20:00

リメイクしてほしいアニメ作品ランキング、50代男性(オタク第1世代?)が選んだTOP20

●3位『巨人の星』

「巨人の星といえば特訓。大リーグボール養成ギプスは子どもながらショックだった。自分にこれは無理だ、根性がないと悟った瞬間だ」(56歳・東京都)

「巨人は嫌いだが、大リーグボールにはわくわくした」(59歳・福岡県)

「星飛雄馬という投手の野球観を、今一度考えてみたい」(57歳・大阪府)

3位になったのはスポ根アニメの代名詞ともいうべき『巨人の星』(1968年~)。対決シーンの背景で燃え上がる炎、滝のように流れる涙は、今でも忘れられないという声が多い。最高視聴率は36・7%だった。

●4位『マジンガーZ』

「子どものころ、日曜日の7時に夢中で見ていた。再現してほしい」(51歳・三重県)

「これまで見たアニメの中でいちばん好きな作品です」(54歳・大阪府)

「最終回でマジンガーZは敗れてしまう。子どもの僕は、本気で泣いた」(56歳・東京都)

4位は、ロボットアニメの金字塔『マジンガーZ』(1972年〜)。主人公が巨大ロボットに乗り込むという設定は、この作品から生まれたもの。2年近く放送され、最高視聴率30%超の大ヒット作に。コメントにもあるように最終回でマジンガーZは新しい敵にボロボロにされて朽ち果てるのだが、そこへ現れたのがグレートマジンガー。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.