くらし情報『野田市小4虐待死事件から2年ーー孫を息子に殺された「祖母」の胸中と、虐待の背景』

2021年2月12日 16:15

野田市小4虐待死事件から2年ーー孫を息子に殺された「祖母」の胸中と、虐待の背景

野田市小4虐待死事件から2年ーー孫を息子に殺された「祖母」の胸中と、虐待の背景
栗原心愛ちゃん
千葉県野田市小4虐待死事件から2年。これまで凶悪事件も含めて200件以上にも及ぶ殺人事件などの「加害者家族」を支援してきたNPO法人World Open Heartの理事長・阿部恭子さんは、この虐待死事件で逮捕された父親の家族も支援してきた。被害者家族でもあり、加害者家族にもなった祖母の苦悩と、そこから見えた虐待の背景について、阿部さんがレポートする。

■心愛さんは今でも大切な家族

先月24日、野田市小4虐待死事件で亡くなった栗原心愛さんの2年目の命日を迎えた。筆者は2年前、心愛さんの父親で傷害致死罪等で逮捕された栗原勇一郎被告(40代)の家族から相談を受け、支援を続けてきた。

被告の家族は、加害者家族であると同時に、事件直前まで心愛さんと同居していた被害者遺族でもある。筆者は昨年2月18日、被告の母親(仮名・良子さん60代)と千葉県内で会見を開き報道陣からの質問に対応した。被告の逮捕後、家族は報道陣に追われ、生活は一変。事件は家族から多くのものを奪っていったが、最大の悲しみは心愛さんを失ったことである。

会見で、良子さんが涙ながらに語っていたのは心愛さんを助けてあげられなかったという後悔の念。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.