くらし情報『『伊東家の食卓』“娘婿”の布施博が教える、20年経っても忘れない「伝説の裏ワザ」』

2021年2月24日 17:00

『伊東家の食卓』“娘婿”の布施博が教える、20年経っても忘れない「伝説の裏ワザ」

『伊東家の食卓』“娘婿”の布施博が教える、20年経っても忘れない「伝説の裏ワザ」
布施博。便利な方法はないかと今でも「裏ワザ本」をたまに読み返すという
「隔週で撮影していたんですが、その間の2週間で1000通以上の裏ワザの投稿があったそうです」

1997年から約10年も視聴者に愛された『伊東家の食卓』(日本テレビ系、以下、『伊東家』)の人気ぶりについて語るのは、出演者のひとり、布施博だ。

『伊東家』は、生活に役立つ、視聴者投稿の”裏ワザ”を紹介する番組。伊東四郎を父役として、母・五月みどり、長女・RIKACO、長男・三宅健(V6)、次女・山口美沙という設定で進行。

布施はRIKACOの夫という役どころだった。『君が嘘をついた』(フジテレビ系)などトレンディドラマでブレイク後、役者としての活動が主でバラエティー出演はほぼ初。オファーが来たきっかけは?

「その当時のマネージャーが“こういう仕事があるからやってみないか”と持ってきてくれたのがきっかけですね。キャストも伊東四朗さんが中心で、安心感もあったからマネージャーが持ってきたんだと思います」

裏ワザ紹介のイメージが強いが、実は番組開始当初は内容がまったく違っていた。

「初めのころは裏ワザは単なる1コーナに過ぎなかったんです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.