くらし情報『犬猫などペットを救うため、コロナ・災害に備えた“飼い主の心構え”とアイテムリスト』

2021年3月6日 08:00

犬猫などペットを救うため、コロナ・災害に備えた“飼い主の心構え”とアイテムリスト

犬猫などペットを救うため、コロナ・災害に備えた“飼い主の心構え”とアイテムリスト
※写真はイメージです
「新型コロナウイルス(以下、新型コロナ)の感染が拡大した昨年3月の緊急事態宣言のときに犬猫ブームが起きました。コロナ禍で“外出できない”“人と会えない”といった孤独や、癒しを求めて動物を飼い始めた人が増えたんです。住宅事情からなのか、若い人は小型犬を飼う傾向にあるようです」

そう話すのは、大阪府の『まねき猫ホスピタル』院長の石井万寿美獣医師。

■コロナ禍に限らず、
地震・台風・水害に備えて

ペットショップやペットオークションは大盛況。動物愛護団体などが主催する犬猫の譲渡会にもたくさんの人が集まったという。

出会ったペットを家族として迎え入れたのなら飼い主は当然、責任を持って育てる義務がある。

そしてイザというときにペットを救えるのも飼い主だけだ。

それはなにもコロナ禍に限らない。地震や台風、水害といった緊急事態はいつ起きるかわからない。

だからこそ、ペットも人間も平時からその心構えをしておこう。

まず、直近で気をつけるのは新型コロナの動物への感染。人から動物へと感染した例が海外で報告されているからだ。身近な動物である犬や猫が新型コロナに感染したという例も複数あるという。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.