くらし情報『覚せい剤使用で逮捕の有名スポーツドクター、華やかな裏にあった“経営難”とストレス』

2021年3月3日 05:00

覚せい剤使用で逮捕の有名スポーツドクター、華やかな裏にあった“経営難”とストレス

覚せい剤使用で逮捕の有名スポーツドクター、華やかな裏にあった“経営難”とストレス
「夏目坂メディカルクリニック」の院長・栗原隆容疑者(クリニックHPより)
お茶の間で人気の医師が、覚せい剤に手を染めていた──。

テレビなどにたびたび出演している「夏目坂メディカルクリニック」の院長・栗原隆容疑者は、2月19日、覚せい剤を使用した疑いで警視庁に逮捕された。

■テレビに数多く出演し、
仕事熱心と評判だった

「容疑者は昨年12月、家族から“意識がもうろうとしている”と119番通報があり、自宅から搬送されてそのまま入院しました。その際の尿検査で覚せい剤の陽性反応が出て、退院直後に逮捕された」(テレビ局記者)

本人は「なんのことかわかりません」と容疑を否認。

NHK『おはよう日本』や日テレ系『ザ!世界仰天ニュース』、TBS系『林先生の初耳学』など、容疑者は数多くの番組で医療情報を発信してきた。

執筆活動も行っており、著書『ゆがんだ「背骨」の整え方』(日本文芸社)では、背骨まわりの筋肉のバランスを整える「ハイハイ体操」を提唱。

コロナ禍では内科医ユーチューバーとして、感染症対策や自宅での運動不足解消法のほか、ED(勃起不全)の治療についても解説をしていた。

鍛え上げられたムキムキの体格だが、医療メディアの取材では「自身が病気がちだったこともあって、この世界を目指すようになった」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.