くらし情報『「寝たままストレッチ」で背筋シャキーン!猫背が伸ばして不調を改善』

2021年3月7日 22:00

「寝たままストレッチ」で背筋シャキーン!猫背が伸ばして不調を改善

「寝たままストレッチ」で背筋シャキーン!猫背が伸ばして不調を改善
※写真はイメージです
“近ごろ背中が丸くなってきた”は、背筋が衰えてきたサイン。中には圧迫骨折が猫背の原因になっていることも!背筋が伸びる簡単ストレッチ事を紹介します。

「コロナ禍でテレワークや自宅での動画視聴が増加。前かがみのまま動かない時間が多くなり、猫背の人が増えることを懸念しています」

と話すのは、東京慈恵会医科大学附属病院副院長の安保雅博先生。

油断するとつい背中が丸くなる人は、まず正しい姿勢をチェック。立った状態で両腕をまっすぐ上げ頭を挟むようにしたら手のひらを外側に向け、ひじを伸ばしたまま腕を下ろすと背筋が伸びた状態になる。

「その姿勢を保ちながら10分ほど歩ければ合格。下肢の衰えも関係しますが、40代でもその姿勢で歩きにくかったら、猫背が進みつつあるといえます」(安保先生、以下同)

そもそもどうして背中が丸くなってしまうのか。1つ目のカギは背筋力にある。

「背筋は体重の8%程度を占める重い頭を支えながら、背中をまっすぐにする働きも担っています。しかし筋力が衰えると背筋は頭を支えるだけで精いっぱい。重力に負けて猫背になってしまうのです」

もうひとつの要因は骨粗しょう症による背骨(脊椎[せきつい])

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.