くらし情報『聖火ランナーを“辞退する・しない”芸能人「スケジュールと大人の都合」の本音』

2021年3月5日 17:00

聖火ランナーを“辞退する・しない”芸能人「スケジュールと大人の都合」の本音

だった。

「聖火リレーの話でなくとも、例えば仕事のオファーやプライベートのお誘いがあったときに、別の用件が入っていたり、あまり気乗りしない場合には“すみません、スケジュールの都合で……”と言えば、相手側も“しょうがない”と波風を立てず、機嫌を損なうことなく体良くお断りできる、非常に使い勝手の良い言葉ではありますね」(佐々木氏)

もちろん、五輪の開催が1年延期された背景が大前提としてあり、常盤や五木は昨年の時点で断りを入れていたことから、もとより2021年に組まれていたスケジュールが存在していたのだろう。それを優先するのはプロとして当然のことだ。また公開延期になった映画など、昨年に行われる予定だった撮影がずれ込んでしまった可能性もある。これもスケジュールの都合だ。

本来ならば、世界的ビッグイベントに関わることができる名誉な仕事で、芸能人ならば頼み込んででもスケジュールを空けていたはず。ところが、反対の声が多数を占める現状では、聖火ランナーはリスクを伴う仕事になってしまったのか。

それでも「辞退しない芸能人もいると思います」と前出の佐々木氏。

「“辞退できない”と言ったほうが正確でしょうか。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.