くらし情報『おいでやす小田が語る、東京進出とM-1芸人への道を支えた“アゲ妻”の「金言」』

2021年3月7日 17:00

おいでやす小田が語る、東京進出とM-1芸人への道を支えた“アゲ妻”の「金言」

おいでやす小田が語る、東京進出とM-1芸人への道を支えた“アゲ妻”の「金言」
「おいでやすこが」おいでやす小田(右)とこがけん
M-1グランプリ史上初、ピン芸人同士のユニットとして決勝に進出した「おいでやすこが」。ツッコミ担当のおいでやす小田が見せる「叫び芸」に、ハマる人が続出している。M-1、そしてR-1での小田の快進撃での裏には、妻のアドバイスがあった。2月某日、大阪から東京へ、劇場をハシゴする超多忙なスケジュールの中、小田がオンライン取材に応えてくれた。

M-1グランプリ2020の最終決戦では、優勝は逃したものの、松本人志からの投票という、重みある1票を獲得。ダウンタウンに憧れてお笑いの道を選んだ小田にとって、この票は大きかったと語る。

「何度思い出しても興奮しますね……(M-1ファイナルで)松本さんに票を入れてもらったことは。今、番組で共演できるようになって、僕がやりやすいようにふってくれたりイジってくれたりするのも、ほんまありがたいです。僕の何を気に入ってくれたのかわかりませんけど……。

最近、松本さんの番組で『小田にもう飽きてる』って言われましたけど、それもうれしかった。『小田飽きた』『おいー!』って返せますから。『飽きた』が1周したら、また逆のことを言ってイジってきはると思いますけど(笑)」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.