くらし情報『木村拓哉にW浅野、横浜流星まで“キュン死”必至の歴代最強「恋ドラマ」はどれだ?』

2021年3月6日 16:00

木村拓哉にW浅野、横浜流星まで“キュン死”必至の歴代最強「恋ドラマ」はどれだ?

木村拓哉にW浅野、横浜流星まで“キュン死”必至の歴代最強「恋ドラマ」はどれだ?
左上から時計回りに『ビューティフルライフ』『101回目のプロポーズ』『東京ラブストーリー』
視聴率がひと桁台と苦戦が続く冬ドラマが多い中、初回から11・4%を記録し、常にふた桁台をキープし好調なのが『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』(TBS系)。玉森裕太演じる癒し系の“‘子犬系男子”や、間宮祥太朗演じるドS系の“ツンデレ先輩”にメロメロになる女性が急増中だ。『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』(TBS系)。

そんな“ボス恋”に続けとばかりに、4月クールには石原さとみ&綾野剛出演の『恋はDeePに』(日テレ系)、北川景子&永山瑛太出演の『リコカツ』(TBS系)、鈴木亮平&吉岡里帆出演の『レンアイ漫画家』(フジ系)など恋愛ドラマが多数ラインナップ。

刑事ものや医療ものばかりだった昨今のドラマ界の中で、盛り上がりをみせている。

「最新型の恋愛ドラマの傾向は、男性はすごくキャラクターがはっきりしている。例えば、2020年の『恋は続くよどこまでも』(TBS系)では、佐藤健さんが大魔王と呼ばれるカリスマドS医師に。同年の『私たちはどうかしている』(日テレ系)では、横浜流星さんがカリスマ菓子職人に。同じく『この恋あたためますか』(TBS系)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.