くらし情報『震災で妻を失って10年、夢中で恋していたあのころ、そして夢に出てきた妻へのキス』

2021年3月6日 13:00

震災で妻を失って10年、夢中で恋していたあのころ、そして夢に出てきた妻へのキス

岩手県陸前高田市の佐々木一義さん(67)の妻・美和子さん(当時57)は市内のそば店で出前担当をしており、近くに住む実母の様子を見に行って津波の犠牲になったとみられる。遺体は3週間後に見つかった。4人の子どもは独立しており、ふたり暮らしだった。あれから10年──。

震災で妻を失って10年、夢中で恋していたあのころ、そして夢に出てきた妻へのキス
妻・美和子さんが眠るお墓に手を合わせる佐々木一義さん(撮影/廣瀬靖士)
手には白とピンクの花。店員に「菊だけじゃないようにして」と注文をつけた。花を取り替え、花立を水で満たし、線香を焚く。

「はい、高田の名産・米まんじゅう。食べてください」

とポケットから取り出して供えた。

一義さんは、市内最後の仮設住宅から災害公営住宅に引っ越したばかり。もとあった自宅は津波で1階が浸水したため2階で寝起きし、やがて仮設住宅で暮らすようになった。

■“美女と野獣”と冷やかされました

妻・美和子さんは地元の小・中学校の同級生。中学生のとき、可愛いなと思って3回アタックした。

「付き合ってほしいとラブレターを書いたんです。返事は“友達でいましょう”だった」

別々の高校に進み、男子校の色に染まった一義さんは、美和子さんに会っても声をかけなくなった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.