くらし情報『福原愛、過去にもあった「二股疑惑」と“天才少女”が打ち返したメディアへの宣戦布告』

2021年3月5日 17:15

福原愛、過去にもあった「二股疑惑」と“天才少女”が打ち返したメディアへの宣戦布告

の一言だけを残し、うかない顔で去っていった。

思い出されるのは前述のインタビュー取材での《色んな人に見られる暮らしが本当に嫌になったんです》の言葉。勝手に“泣き虫”とキャッチコピーをつけられ、好まざるとも日本全国に愛でられてきた彼女の反動をそこに感じるのだ。

2016年に『週刊文春』の名物企画『阿川佐和子のこの人に会いたい』に登場したときも守りの堅牢ぶりを発揮。聞き手のプロである阿川さんを前に、直近のリオ五輪で活躍したという、選手としての話ばかりに終始。『対談後記』で阿川さんはこのように綴っている。

《対談前、福原さんの事務所から「対談は競技のことだけにしてください。今後のことについて聞かれても答えられませんので」と厳しく言われていたので触れられませんでしたが、なんと私がお会いした翌日に入籍なさっていたのですね。メッチャ驚きました》

もちろんお相手は電撃結婚した江宏傑である。対談は結婚発表後に公開される記事とわかっているのだろうし、あの“文春砲”とて、真っ向からの対談取材で得た話を、「スクープ速報!福原愛結婚へ」などとニュースにする不義理はしないだろう。やはりそこには、マスコミに対し、徹底的にクローズドなスタンスを保っているような気がしてならない。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.