くらし情報『『機界戦隊ゼンカイジャー』駒木根葵汰、ヒーローになりたくて5歳からはじめたこと』

2021年3月14日 07:00

『機界戦隊ゼンカイジャー』駒木根葵汰、ヒーローになりたくて5歳からはじめたこと

『機界戦隊ゼンカイジャー』駒木根葵汰、ヒーローになりたくて5歳からはじめたこと
駒木根葵汰撮影/吉岡竜紀
3月7日にスタートした『機界戦隊ゼンカイジャー』。1975年の『秘密戦隊ゴレンジャー』から数えて45作目という、スーパー戦隊シリーズの記念作となっている。

歴代の戦隊ヒーローが活躍する世界を含む数多の並行世界が、機械生命体(キカイノイド)が住む世界の悪者によって次々に閉じ込められていく。残すはわれわれが住むこの世界のみ……。

「僕が演じるのは、主人公の五色田介人。正義の心を持つ機械生命体(キカイノイド)の4人とともにゼンカイジャーとなって戦い、悪の手からすべての世界を救っていく物語です」

そう語るのは、主人公を演じる駒木根葵汰。

かつてない壮大なスケール!そして仲間はロボットという斬新さ。でも、歴代スーパー戦隊のモチーフもあちこちに見られ、どこかエモい。

「“昔は見てたけど最近は見てないよ”という方も、きっと楽しめる作品になってると思います!」

■毎日が刺激的で、たまらなく幸せ

物心がついたときには、スーパー戦隊シリーズが好きだったという駒木根。

「戦いに憧れて、ヒーローになりたくて、5歳から空手を始めました。いちばんよく見てたのは『特捜戦隊デカレンジャー』( ’04年)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.