くらし情報『『機界戦隊ゼンカイジャー』駒木根葵汰、ヒーローになりたくて5歳からはじめたこと』

2021年3月14日 07:00

『機界戦隊ゼンカイジャー』駒木根葵汰、ヒーローになりたくて5歳からはじめたこと

かな。『百獣戦隊ガオレンジャー』( ’01年)、『爆竜戦隊アバレンジャー』( ’03年)、『魔法戦隊マジレンジャー』( ’05年)とかも印象に残っています」

空手は高校3年生まで12年間続け、なんと中学3年生のときには県大会で優勝している。念願の主演は、オーディションで勝ち取った。

「うれしかったです。でも、制作発表が終わるまでは“明日の朝起きたら、違う現実になっているんじゃないか”と、どこか信じ切れていませんでした(笑)」

昨年12月から撮影が始まり、やっと実感がわいてきたという。

「スーパー戦隊の撮影はCGや爆発などもありますし、やっぱり特殊ですね。普通の作品より労力も時間も必要ですし。大変ですが、それ以上に楽しいです!まさに“これを求めていた!”というか。毎日がすごく刺激的で、たまらなく幸せです」

■芸能界入りのきっかけはインスタ

「高校では、周りのみんながインスタをやっていて。話についていくために始めました。文化祭など、楽しい行事のたびに写真を載せてたら多くの人が見てくれるようになって」
やがて“イケメン高校生”と話題になり、現在の所属事務所からスカウトされた。

「原宿で、じゃないですよ(笑)。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.