くらし情報『「お尻の痛み」大丈夫? コロナ禍で訴える人が急増、洗いすぎ危険度をチェック!』

2021年3月12日 05:00

「お尻の痛み」大丈夫? コロナ禍で訴える人が急増、洗いすぎ危険度をチェック!

「お尻の痛み」大丈夫? コロナ禍で訴える人が急増、洗いすぎ危険度をチェック!
※画像はイメージです
コロナの影響で、便秘やお尻の痛みを訴える人が増えている! その原因のひとつが“ケアのしすぎ”。清潔にしすぎることで、逆にお尻がどんどん汚くなっているという事実が。健康なお尻とお通じのための「洗わないケア」とは?

■コロナ禍で増えた排便中のお尻の痛み

「外出自粛や在宅ワークなどが増え、お尻を取り巻く環境が変わっています」

コロナ禍の意外な影響を教えてくれたのは、肛門科医の佐々木みのり先生。在宅ワークで、自由にトイレへ行けるため、便通が良好になる人がいる一方、「夫が1日中、家にいてトイレに行きづらくなり、便秘になった」という主婦も増え、“お通じ”の二極化が起きています。

さらに、コロナ禍で“お尻の痛み”を感じるようになった人が増加。なかでも「座ったときやお尻があたったときに感じる痛み」や排便時の痛みに不安を抱える人が増えているという調査結果も。

でも、どうしてコロナ禍でお尻の痛みや便秘などお尻の悩みが起きているの?

「実は、コロナ禍に限らず、お尻の悩みの原因は“洗いすぎ”にあります。お尻を清潔にするのは、当たり前だと思って洗う人が多いですが、こんなにお尻を洗っているのは日本人だけ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.