くらし情報『〈FP解説〉性格診断でお金の使い方を最適化、昭和/バブル/空回り/夫依存→あなたはどれ?』

2021年3月12日 19:00

〈FP解説〉性格診断でお金の使い方を最適化、昭和/バブル/空回り/夫依存→あなたはどれ?

「頑張ってるのに貯まらない!」「節約を実践しても続かない!」それは節約方法が、あなたの性格に合っていないから。ここでは、いつもの行動から性格タイプを分析。さらにラクに実践できる貯金法を紹介します。

〈FP解説〉性格診断でお金の使い方を最適化、昭和/バブル/空回り/夫依存→あなたはどれ?
イラスト/水口アツコ■「誰かのまね」に節約の正解なし

貯金上手のワザをまねしたものの続かなかったり、効果が出ない……そんな経験はないだろうか?ファイナンシャルプランナーの山口京子さんはSNSでも気軽に他人の節約術を見られる現代だからこそ、他人のやり方を正解と思い込まないことが大切だと話します。

「性格やライフスタイルに合わない方法で一生懸命に節約しても、お金を貯めるのは難しいもの」(山口さん、以下同)

家族で食費2万~3万円など、極端に抑えられた家計の場合、実家から米や野菜をもらっているケースも。数字だけ見ないことも肝心です。

■「昔の感覚」のままだと損をする

また、山口さんは、情報がアップデートできていないと、お金が貯まりづらいと話します。

「例えば、平成2年には、郵便局の定期貯金の金利は8・648%でしたが、今は、0・002%。昔の感覚のままだと、『お金は定期預金へ預ければOK』と思いがち」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.