くらし情報『森下千里が政界へ、“ニップル姫に志村けんさんの腰元”も「グラドルの果て」転身人生』

2021年3月14日 08:00

森下千里が政界へ、“ニップル姫に志村けんさんの腰元”も「グラドルの果て」転身人生

森下千里が政界へ、“ニップル姫に志村けんさんの腰元”も「グラドルの果て」転身人生
森下千里(2008年)
《私はオッ○イ星から来たオッ○イ王国の姫・ニップルっていうんですけどね。右乳にはαエネルギー、左乳にはβエネルギーがつまっていて。神聖なるオッ○イを商売の道具に使う日本人を滅亡させるために地球に来たっていう…》(注:「○」は編集部伏字、以下同)

2005年公開の遠藤憲一が主演を務めた映画『オッ○イ星人』。そのヒロイン役の「ニップル姫」を演じた森下千里は当時、『週刊プレイボーイ』(2005年5月3日号)のインタビューでストーリーと自身の役どころを懸命に説明していた。

この時、彼女は24歳。2000年にレースクイーンデビューし、その後にグラビア進出すると瞬く間にバラエティー番組でも引っ張りだこに。すでにグラドルとしての地位こそ築いていた彼女だったが、進むべき道を模索していた最中だったのかーー。

2019年末をもって芸能界を引退し、現在はタレント時代に設立したピラティススタジオの運営などを手掛ける会社の社長を務める森下千里。そんな彼女が3月8日、久しぶりにニュースをにぎわせた。何と、次期衆議院選挙に自民党の公認候補としての出馬を、つまりは政治家デビューを目指すのだという。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.