くらし情報『「男性の年収」が先に提示される “婚活恋愛” の難しさ、婚期を逃す女性のリアル』

2021年3月15日 05:00

「男性の年収」が先に提示される “婚活恋愛” の難しさ、婚期を逃す女性のリアル

女性が婚活で結婚するときにこだわるのが、お相手の年収でしょう。男性の年収が低いと、婚活アプリでも相談所でも、会おうとしない女性が多いのが現状です。結婚は、日々の生活です。ただ好きな感情だけでお付き合いをしている恋愛とは、そこが違います。ライターをしながら、仲人として婚活現場に関わる筆者が目の当たりにした婚活事情を、さまざまなテーマ別に考える連載。今回は、『男性の年収にこだわることは大切か否か』について考えていきましょう。

「男性の年収」が先に提示される “婚活恋愛” の難しさ、婚期を逃す女性のリアル
お相手の「年収」にこだわりすぎると結婚できない!?(写真はイメージです)■自分と同じ年収か、それよりも高い男性を希望

外資系のIT企業に勤める由恵さん(41歳、仮名)の年収は、800万円。入会面談にやって来たときに、こんなことを言っていました。

「ウチの会社の男性は、40代ですと、みなさん1000万円以上稼いているので、できたら、私と同じくらいか、それ以上の男性とお見合いしたいのですが」

そこで、私は言いました。

「800万円以上の男性を限定してお見合いしていくのは、とても難しいのが現状ですよ。40代で800万円以上ある男性は、30代の女性とお見合いをしたがります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.