くらし情報『<福岡5歳児餓死事件>赤堀容疑者に300万円踏み倒された人物が“借用書”を手に怒りの告発!』

2021年3月12日 06:00

<福岡5歳児餓死事件>赤堀容疑者に300万円踏み倒された人物が“借用書”を手に怒りの告発!

<福岡5歳児餓死事件>赤堀容疑者に300万円踏み倒された人物が“借用書”を手に怒りの告発!
中学時代は軟式テニス部だった赤堀容疑者
「あの女は本当に死刑になってほしい!貸した金を踏み倒されて、本当に大変です」

そう本誌に怒りをぶつけるのは、福岡県篠栗(ささぐり)町の5歳児餓死事件で逮捕された赤堀恵美子容疑者(48)の出身地・大川市に住むAさん。

赤堀容疑者は、“ママ友”の碇(いかり)利恵容疑者(39)を洗脳のような状態にして、一家を支配。

碇容疑者の三男・翔士郎(しょうじろう)ちゃん(享年5)を餓死させたばかりではなく、合計で1200万円の金をだまし取ったとも言われている。

「赤堀は、碇の車を売らせフリマアプリでも金を工面させ、生活保護のほかに架空の裁判費用や、翔士郎ちゃんの葬儀代も詐取(さしゅ)していたようです」(地元メディア記者)

大川市の元実家周辺でも、赤堀容疑者や家族に20万~30万の金を貸したが返してもらっていないという証言が多数。本誌でもすでに報じたが、困窮から覚せい剤の売人になろうとしたこともあったようだ。

冒頭のAさんは、赤堀容疑者から300万円以上の金が返済されていないと、公正証書を握りしめながら憤る。

「恵美子一家とは近所の付き合いで、彼女の母方の祖父母時代から、“うちは見張られていてる”“盗聴器が仕掛けられているから、はずすのに金がかかる”という妙な理由で何度も借金を申し込んできた」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.