くらし情報『揺れるイギリス王室、ヘンリー王子とメーガン妃が目論む「第2の奇策」』

2021年3月17日 08:00

揺れるイギリス王室、ヘンリー王子とメーガン妃が目論む「第2の奇策」

揺れるイギリス王室、ヘンリー王子とメーガン妃が目論む「第2の奇策」
メーガン妃とヘンリー王子(Instagramより)
昨年、王室から離脱したヘンリー王子とメーガン妃がアメリカ・CBS放送のインタビューに登場。メーガン妃は王室内で人種差別を受け、自殺願望があったことを告白し、衝撃を与えている。このタイミングでの爆弾発言の真意は何なのか?取材を続けると、日本ではあまり知られていない意外な真実が浮かび上がってきた――。

■テレビで暴露された人種差別

「生まれたら肌の色がどれだけ濃いかという懸念や会話があった」

昨年3月に英国王室から離脱したヘンリー王子とメーガン妃。3月7日、アメリカのCBSで放送された王室離脱後初となるインタビューの発言が波紋を呼んでいる。

「メーガン妃の母親はアフリカ系米国人。そのため第1子となるアーチーくんを妊娠している際、王室内で肌の色を懸念する声があったと爆弾発言をしたんです。結婚するまで英王室についてあまり知らなかった彼女は自分の考えの甘さを認めつつ、王室に入ってからは助けを求めても得られず、自殺を考えるようになったことも明かしました」(ワイドショー関係者)

元ロイヤルファミリーが王室を告発するという、これまで例のなかった事態に。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.