くらし情報『雅子さま、東北に心寄せ続けコロナ禍でも復興を後押し「ゼロ距離」ご訪問の奮励』

2021年3月19日 06:00

雅子さま、東北に心寄せ続けコロナ禍でも復興を後押し「ゼロ距離」ご訪問の奮励

雅子さま、東北に心寄せ続けコロナ禍でも復興を後押し「ゼロ距離」ご訪問の奮励
『東日本大震災十周年追悼式』の会場である『国立劇場』に到着された両陛下(2021年3月11日)
「私も皇后とともに、被災地を訪れてきましたが、関係者の努力と地域の人々の協力により、復興が進んできたことを感じています」

東日本大震災から10年が経過した3月11日、天皇・皇后両陛下は『東日本大震災十周年追悼式』に臨まれた。陛下は冒頭のように改めて哀悼の意を示された。

「昨年は新型コロナウイルスの影響を受けて中止になったため、令和初めての追悼式でした。陛下がおことばを述べられた約6分間、隣に立たれた雅子さまは姿勢を崩されることなく終始、落ち着いたご様子でした」(皇室担当記者)

皇室を長年取材するジャーナリストで文化学園大学客員教授の渡邉みどりさんは、当日の雅子さまの服装をこう解説する。

「お召しになっていた真珠のイヤリング、ネックレス、ブローチの3点は、美智子さまをお手本にされたものでしょう。黒い帽子にグレーのスーツは“準正装”といえます。震災直後でしたら黒で統一されたと思いますが、10周年ということで薄い色のものを選ばれたのではないでしょうか。美智子さまも以前、同じような色使いの服装で臨まれていたと記憶しています」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.