くらし情報『斉藤由貴 “3度の不倫” で世間をお騒がせするも、着実に積み上げた「独自の女優道」』

2021年3月19日 16:00

斉藤由貴 “3度の不倫” で世間をお騒がせするも、着実に積み上げた「独自の女優道」

彼女もちょっと考えたと思いますよ。

でもスキャンダルが一切ない、吉永小百合とか沢口靖子とかに私は興味が湧かないんです。人間として真っ白な人より、少し黒い部分があったほうがおもしろいじゃない」

35周年ということで、歌手として自身の曲をリアレンジ。セルフカバーアルバムをリリース。

《歌手を自称するのもおこがましいほど、私には歌の技量がない》

と、歌手としての自分を自嘲する斉藤。では、女優としての彼女にドラマウォッチャーとして望むことを吉田さんはこう語る。

「ドラマには絶対に必要な人だと思っています。かわいらしさを残しながら、図々しさもある、主役という王道ではない部分を、ちゃんと担える人です。

竹内結子さんの遺作となった『スキャンダル専門弁護士QUEEN』(フジテレビ系)で、ふんわりとしながらも、突拍子もない過去の栄華を語る事務員を演じていましたが、これは斉藤由貴以外できない役でした。こういう役、もっと見たいですね」

あと、どうしても演じてほしいキャラがあるという。

「今後は色ボケしたおばあさんとか(笑)。3回の不祥事を乗り越えてきたんだから、ご本人が芸能界をやめると言わない限り女優を続けてくれると思います。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.