くらし情報『汚部屋に毒親(母)とふたり暮らし、東大生が語る “壮絶人生” が怖すぎた』

2021年3月20日 11:00

汚部屋に毒親(母)とふたり暮らし、東大生が語る “壮絶人生” が怖すぎた

汚部屋に毒親(母)とふたり暮らし、東大生が語る “壮絶人生” が怖すぎた
マンガ『汚部屋そだちの東大生』より
数年間開けていなかった壊れた冷蔵庫の野菜室からは悪臭が立ち込め、台所ではいつでもゴキブリたちが大行進――。

そんな“汚部屋”に、美しいけれどもどこかおかしい母と2人で暮らしてきた“東大生”の主人公、ユウ。

「自分だけ幸せになろうなんて、ママ許さないからね!」

子どものころから過干渉をし続け、ときには手を上げる“毒親”の母。さらには、もともと別に家庭がある父――。

汚部屋、東大生、毒親、不倫。現代のパワーワードで構成されつつ、ひとりの女性が母を捨て自立に至るまでを描いた漫画『汚部屋そだちの東大生』が、いま話題だ。

■毒親をもった作者の今

積み重なるゴミ、汚れきったトイレ、ゴキブリ……。交流するほかの東大生たちとは違いすぎる主人公の私生活。この部屋に存在する電化製品たちのように“壊れた”母のエピソードも淡々と続き、底知れぬ恐怖が続く。とはいえ、そういったグロテスクなシーンは落ち着いたタッチで描かれており、主人公の心のあきらめぶりを表しているかのようだ。

しかし、主人公がドアを開けるラストは、読者にもその瞬間の外の光が見えるかのように輝かしい。

しかもこの話、時系列を多少変えている以外はほぼ「実話」なのだという。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.