くらし情報『病気のお金の減らし方「高額な立て替えを避ける裏ワザ」「保険の見直しポイント」』

2021年3月21日 14:00

病気のお金の減らし方「高額な立て替えを避ける裏ワザ」「保険の見直しポイント」

「日本では医療費などの社会保障費が、財政を圧迫し続けています。その状況をより深刻化させているのが2020年の新型コロナウイルス感染症によるパンデミックです。コロナ対策で膨大な予算がつぎ込まれ、このままでは財政が逼迫するのは確実。現役世代の自己負担3割が5割負担になる日がやってきてもおかしくありません」

そう語るのは、世界最大級の外資系ヘルスケアカンパニーで、外科・産婦人科を中心に新しい手術やトレーニングなどに携わった経験を持つ御喜千代さん。

もしそうなったら、医療費の半分は自己負担に。平均額から試算すると乳がんは38万6000円、大腸がんは48万7000円などと費用負担が大幅に増えることになる。

(※病気の値段については、前編『大腸がん97万円、脳卒中159万円など気になる病気の値段と「自己負担5割の可能性」』参照)

医療クライシスを乗り越えるために知っておきたい、病気のお金の減らし方とは──。

病気のお金の減らし方「高額な立て替えを避ける裏ワザ」「保険の見直しポイント」
※写真はイメージです
病気の値段を抑える第1の方法は、公的医療保険(健康保険、国民健康保険など)の活用。中でも高額療養費制度の申請はマストと御喜さんはすすめる。

「高額療養費制度とは、その人の収入や年齢などに応じてひと月に支払う医療費の限度額が決められ、超えた分についてそれぞれ加入する公的医療保険から給付される制度です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.