くらし情報『V6解散も“トニセン”存続で期待高まるTOKIOと合流、伝説の「ジャニーズSr.」復活』

2021年3月18日 20:00

V6解散も“トニセン”存続で期待高まるTOKIOと合流、伝説の「ジャニーズSr.」復活

V6解散も“トニセン”存続で期待高まるTOKIOと合流、伝説の「ジャニーズSr.」復活
左から井ノ原快彦、坂本昌行、長野博
森田剛のジャニーズ事務所退所に伴い、デビュー日である11月1日に解散するV6。これと同時に、森田、三宅健、岡田准一からなるユニット『Coming Century』、通称“カミセン”の活動終了も明らかになった。

突然の悲報に肩を落とした多くのファンがいる一方で、坂本昌行、長野博、井ノ原快彦の『20th Century』の存続は唯一の希望になっていることだろう。

「1995年のデビュー時より結成されたカミセンに対し、当初の3人は“アダルト組”という扱いで、ジャニー(喜多川)さんから“トニセン(20th Century)”を命名されたのはしばらく経ってから。というのも、もともとV6は“剛健”コンビを売り出すために結成されたグループとされ、SMAPやTOKIOと同世代の坂本らはデビューできていなかった、いわば“残り物”扱いをされていたところがあったのです。

ジャニーさんには“3人組最強説”という持論があり、仮にV6として人気が出なかった場合はカミセンだけ残す構想もあったと言います」(スポーツ紙ジャニーズ担当記者)

■カミセンの引き立て役だった

同世代のライバルたちが華々しく歌い踊る一方で、苦労を重ねてようやくデビューできたトニセンにあてがわれたポジションは、森田ら年少組の“引き立て役”。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.