くらし情報『オリンピック開会式の“不適切演出案”、外国人がドン引きする「2つの理由」』

2021年3月19日 17:00

オリンピック開会式の“不適切演出案”、外国人がドン引きする「2つの理由」

オリンピック開会式の“不適切演出案”、外国人がドン引きする「2つの理由」
渡辺直美
東京五輪・パラリンピック開閉会式の総合統括を務めるクリエィティブディレクターの佐々木宏氏が、起用予定だった渡辺直美の容姿をブタに喩(たと)えるような演出を提案していたという問題。世間の批判を受け、佐々木氏は自らの不適切な表現の責任をとるかたちで辞任することとなった。

海外出身のタレント・フィフィは、一般的な“国際感覚”の観点から見たとき、2つの意味で佐々木氏の感覚は大きくズレていたと指摘する──(以下、発言はフィフィによるもの)。

* * *

人間を動物に例えるということ──これは世界基準からすれば、あまりよろしくないことなんです。

日本ではその意識が希薄になってる人たちが多い印象です。先日、とあるテレビ番組内でアイヌ民族のドキュメンタリーを紹介後、芸人さんが「あ、犬」と謎かけをしてしまい問題になっていたことが記憶に新しいかと思います。

だいたい日本では“動物占い”がまかり通っているくらいだし、最近だと名馬を擬人化したゲームアプリ『ウマ娘 プリティーダービー』なども人気ですよね。そのため、人間を動物に例えることの何がいけないの?と思う方は少なくないかもしれません。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.