くらし情報『『学校へ行こう!』の人気キャラ、尾崎豆とCo.慶応が語る「V6への感謝」』

2021年3月24日 18:00

『学校へ行こう!』の人気キャラ、尾崎豆とCo.慶応が語る「V6への感謝」

『学校へ行こう!』の人気キャラ、尾崎豆とCo.慶応が語る「V6への感謝」
尾崎豆
V6の突然の解散と森田剛のジャニーズ事務所退所が発表された。彼らの存在をファン以外にも浸透させた代表作といえば、楽曲以外では’97年から’05年までTBS系で放送されたバラエティー番組『学校へ行こう!』ではないだろうか。

■当時のジャニーズは厳しかった!

同番組屈指の人気コーナーだったのが『B-RAP HIGH SCHOOL』。当時、流行の兆しを見せていたラップを素人が披露し、多くの“名物キャラクター”が誕生した。今回同コーナーで人気を博した出演者の2人に、V6の解散と当時の思い出について話を聞いた。ラップと銘打ちつつも、“おもしろ替え歌”がメインだったB−RAP。

「僕もまぁ、Dragon Ashさんの替え歌でしたけどね(苦笑)」

そう振り返るのは、コーナーレギュラーと言っていい出演回数を誇ったCo.慶応。日本史の出来事などをDragon Ashのメロディーに乗せる“お勉強ラップ”を披露していた。

「高校3年生で受験が終わって、ヒマなときに番組で募集を見つけて応募したのが出演のきっかけですね。スタッフさんに慶應義塾大学に進学が決まっていることを伝えると、“お勉強とラップで作れる?”となり、この形になりましたね」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.