くらし情報『中高年も『スマホ依存』でゾンビ化! “食欲不振・不眠・うつ症状”を招く危険な使い方』

2021年3月27日 08:00

中高年も『スマホ依存』でゾンビ化! “食欲不振・不眠・うつ症状”を招く危険な使い方

中高年も『スマホ依存』でゾンビ化! “食欲不振・不眠・うつ症状”を招く危険な使い方
※写真はイメージです
「うちの夫は1日中スマホを見ているんです」

そうため息をつくのは40代の会社員、恵子さん(仮名)。40代の夫・英明さん(仮名)は昨年の緊急事態宣言以後、食事もトイレも入浴も肌身離さずスマホを持っている状態が続いたという。

■仕事や将来の不安をゲームやSNSで解消

「浮気も疑ったんですが、ゲームとSNSしかやっていない。外出もしていないので、その心配はなさそうで……」

英明さんの仕事は、イベント関連会社の営業。コロナ前は自宅に帰れないほど忙しい毎日を送っていたが、昨年は自宅待機が続いた。

暇な時間が増え、英明さんは仕事や将来の不安をオンラインゲームやSNSで解消していたという。

すると、ゲーム仲間もできて、協力して敵を倒すと楽しくなった。彼らと夜遅くまでプレーして盛り上がることも多くなり、英明さんはすっかり“スマホ依存”に。

「中1の息子も一緒になって遅くまでゲームをして、寝坊することが増えました」

恵子さんはどうにか息子だけ起こしてから出勤、夫は寝たままだという。

「昼ごろ“なんで起こしてくれなかったんだ”とメールが来ることもあって、“うっせぇわ”ですよ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.