くらし情報『つらい息切れは本当に年齢のせい? コロナ対策にも有効な、3分で出来る『肺トレ』』

2021年3月28日 11:00

つらい息切れは本当に年齢のせい? コロナ対策にも有効な、3分で出来る『肺トレ』

つらい息切れは本当に年齢のせい? コロナ対策にも有効な、3分で出来る『肺トレ』
※画像はイメージです■息切れは肺の病気のサインかもしれない

階段を上ったり、早歩きをするとゼイゼイと息切れがする……。「オバサンだからしかたないのかな」と年齢のせいにしがちなその症状、本当に大丈夫?

「ちょっとした動きで息切れを起こすのには、病気が隠れている可能性があります」とは、呼吸器内科が専門の宮崎雅樹医師。

肺のもっとも重要な働きのひとつは、酸素と二酸化炭素を入れ替える“ガス交換”。しかし、「何らかの病気で肺の機能が低下すると血液中に十分な酸素を送ることができなくなってしまい、酸素不足になって息切れを引き起こしてしまうんです」(宮崎先生、以下同)

息切れが起こる病気でいちばん可能性が高いのは、気管支に主にアレルギー性の炎症が起きて咳や痰を伴い呼吸困難になる“ぜんそく”だ。

「気管支の炎症は軽度な状態からはじまり、さまざまな刺激によって気管支が敏感になると気管支が急に狭くなって息が吐けなくなり、一時的にぜんそく発作を引き起こします。

日本では子どもの8~14%、成人では9~10%がぜんそくといわれていますが、私の経験では、自分がぜんそくだと自覚している人はまだまだ少ないように感じています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.