くらし情報『東京オリンピックで危惧される「電車の混雑」、本当に開催しても大丈夫なのか』

2021年3月30日 05:00

東京オリンピックで危惧される「電車の混雑」、本当に開催しても大丈夫なのか

東京オリンピックで危惧される「電車の混雑」、本当に開催しても大丈夫なのか
混雑する、朝の駅のホーム
東京オリンピックの聖火リレーがスタートした。コロナ禍での開催に意気込む関係者と、不安に思う市民の間には温度差を感じる。そんな大会の開催で心配されるのが、私たちの生活の一部でもある「電車」の混雑状況。今でも、”密”になる朝の満員電車には不安を感じるのにーー。大手鉄道会社の元社員の佐藤充氏が解説する。

約4ヶ月後の2021年7月23日(金)、東京オリンピックの開会式がオリンピックスタジアム(新国立競技場)にて開催される。時間は20:00-23:00。緊急事態宣言により、つい先日まで飲食店の営業時間は20:00までに制限されて、不要不急の外出を控えるように言われ続けた。特に、夜の外出には罪悪感を抱いたものだ。

それにも関わらず、東京オリンピックは、夜間の開会式で幕が上がる。

本当に東京オリンピック・パラリンピックは開催できるのか。人の流れ、特に公共交通機関はどうなるのか。そろそろ具体的なイメージが必要だ。

■注目される「2つのゾーン」

東京オリンピック・パラリンピックの競技会場は、都外もあるが、基本的には都内の中心部に集中する。コンパクトな大会が特徴だが、それでも2つのゾーンに分かれて、人の移動は広い範囲に及ぶ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.