くらし情報『弘中綾香アナ、エッセイで恋バナを“完全封印” 破局した『ワンオク』Toruの影響か』

2021年3月25日 06:10

弘中綾香アナ、エッセイで恋バナを“完全封印” 破局した『ワンオク』Toruの影響か

弘中綾香アナ、エッセイで恋バナを“完全封印”   破局した『ワンオク』Toruの影響か
弘中綾香アナ
『好きな女性アナウンサーランキング』(ORICON)で2年連続1位、初めて出版するエッセイが発売前に重版が決まるなど、テレビ朝日・弘中綾香アナの勢いはとどまるところを知らない。

入社1年目から『ミュージックステーション』のサブMCに抜擢、『激レアさんを連れてきた。』でオードリーの若林正恭と組んだことで、そのキャラクターが世間に認知されてブレイク。スパッとした司会進行にも定評がある。しかしながら、人気が増すにつれ、その尖った部分がメディアやネットで叩かれるようにもなった。主婦を対象とした『嫌いな局アナランキング』(週刊女性)で不名誉な1位になってしまうことも。

そんな彼女が、2019年からウェブメディアで連載していたエッセイをまとめた『弘中綾香の純度100%』を上梓した。

《誰からも歪曲されず、脚色されることのない、純度100パーセント、そのままの私を受け取ってほしい。(中略)これは、私に対する世間のイメージへの挑戦であり、抵抗であり、希望の光》

こんな“所信表明”で始まるこのエッセイ、読まないわけにはいかない。

■大人になってからの恋愛は……

《ただ、私はこういう人となりなんだ、というのを自分の言葉で伝えたかった》というだけあって、様々な角度から彼女の考えや思いを発露させた一冊だった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.