くらし情報『がん闘病を経た妻を襲った夫の不倫、悪びれもしない相手の女との“修羅場”と“決着”』

2021年3月28日 12:00

がん闘病を経た妻を襲った夫の不倫、悪びれもしない相手の女との“修羅場”と“決着”

行政書士・ファイナンシャルプランナーをしながら男女問題研究家としてトラブル相談を受けている露木幸彦さん。今回はコロナ禍で夫に不倫された妻の実例を紹介します。

がん闘病を経た妻を襲った夫の不倫、悪びれもしない相手の女との“修羅場”と“決着”
※写真はイメージです
2021年1月に発令された2回目の緊急事態宣言。居酒屋での飲み会、新幹線や飛行機での帰省など、移動や集合による楽しみを奪われ、孤立や自粛による怒りや哀しみに耐える日々が昨年から継続中です。特に3月21日に宣言が解除された東京、神奈川、千葉、埼玉では、先に解除された他地域の住民や、宣言中なのに自粛無視の人々に対する嫉妬心も高まっていたように思います。

個人差こそあれストレスの許容量には限界があり、まともな精神状態で過ごすには何らかの方法で解消しなければなりません。中にはイライラのはけ口が「性欲」に向かう人もいます。もちろん、独身のカップルが楽しむぶんにはいっこうに構いません。しかし、どちらか一方が既婚だとしたら……。

■夫と同僚女性の不倫が発覚

筆者は行政書士・ファイナンシャルプランナーとして夫婦の悩み相談を行っていますが、2020年の不倫相談は前年より増加していました。今回の相談者・咲良(さくら)さん(仮名・48歳)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.