くらし情報『がん闘病を経た妻を襲った夫の不倫、悪びれもしない相手の女との“修羅場”と“決着”』

2021年3月28日 12:00

がん闘病を経た妻を襲った夫の不倫、悪びれもしない相手の女との“修羅場”と“決着”

もコロナ禍で孤立中、夫に裏切られ、涙を流した1人です。

咲良さんの地元には星がきれいに見える有名な丘があるそう。カップルがそこに車を停め、星を眺めながら、イチャイチャするのが定番のデートコース。しかし、カップルが濃厚接触をすれば、コロナウイルスに感染するリスクが高まります。そのため、1回目の緊急事態宣言中、駐車場は閉鎖されたのです。

そして宣言が解除されると、咲良さんの夫・幹夫さん(仮名・50歳)はすぐにそのデートコースを楽しんだのですが、同伴したのはあろうことか咲良さんではなく別の女。そのままホテルへ移動した行動履歴が自家用車のカーナビに記録されていて発覚したのです。そして咲良さんの事情聴取に夫はあっさりと観念。

夫の職業は介護施設の所長で、相手は同僚の職員・恵梨香さん(仮名・32歳)。夫は咲良さんに「本当に大事なものに気づいた。恵梨香はもう飽きたよ」と弁明したと言います。筆者はホームページでLINEのIDを公開しているのですが、咲良さんがそのLINEに「どうしたらいいですか?」と送ってきたのが相談のきっかけでした。咲良さんが夫と結婚してから15年、山あり谷ありの5400日超。特に大きな谷は1年前、咲良さんが患った乳がんでした。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.