くらし情報『がん闘病を経た妻を襲った夫の不倫、悪びれもしない相手の女との“修羅場”と“決着”』

2021年3月28日 12:00

がん闘病を経た妻を襲った夫の不倫、悪びれもしない相手の女との“修羅場”と“決着”

悪口を吹き込んだのでしょう。だから相手の女性は本気に」と推測しました。すると咲良さんは「私を何度傷つけたら気がすむんでしょうか!」と怒りを露わにしました。

恵梨香さんは咲良さんの立場、気持ちになって物事を考えたことはあるのでしょうか?考えたことがあるのなら、どこか途中で謝罪をしたり、責任をとったり、許しを乞うたりしたはずです。しかし、最初の発覚から半年間、何も考えずに過ごしてきたのでしょう。罪悪感や贖罪の気持ちを持っていない何よりの証拠です。もし恵梨香さんが自分さえよければ誰をどんなに傷つけても構わないと思っていても、咲良さんは「壊した者勝ち」というやり方を絶対に許したくないそうです。恵梨香さんにしかるべき責任をとってもらうため、咲良さんは勇気を出して行動に出たのです。

覚悟を決めた咲良さんは夫に協力するように迫り、夫は泣く泣く引き受けました。デートの口実で恵梨香さんを喫茶店に呼び出し、尻尾を捕まえる作戦です。そこで喫茶店に現れたのは幹夫さんではなく妻の咲良さんだったのです。恵梨香さんは「ヤバい」と気づくも逃げきれず、咲良さんは直談判に持ち込むことに成功しました。

■不倫相手を問い詰めると言い訳ばかり

「壊したものは元どおりに直すのが筋でしょ!主人があなたと知り合う前に戻すってこと!!」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.