くらし情報『船越英一郎『ごごナマ』終了、松居一代との離婚騒動も沈黙貫いた「Mっ気処世術」』

2021年3月31日 11:00

船越英一郎『ごごナマ』終了、松居一代との離婚騒動も沈黙貫いた「Mっ気処世術」

(略)いろんなことが起きて、それをひとつ乗り越えると、乗り越える前よりも素敵な自分や強くなった自分がいて」

それゆえ、たとえお金を落としたときでも感謝するとして、

「今日1万円落としたら、絶対に落とすまいと思って、100万円のお財布を落とさないですむかもしれませんからね」

と、説明した。

しかし、松居は逆に最後まで好戦的だった。12月に離婚が成立すると、

「人生の大掃除ができた。(船越は)無関係な人。大っ嫌いです」

と、一刀両断。便利グッズの『マツイ棒』で一発当てた人らしく、得意の掃除ネタを絡ませたわけだ。

そんな松居を船越がどう思っていたか、本当のところはわからない。離婚成立の翌月には『ごごナマ』に小柳ルミ子がゲスト出演。番組が用意した「どうしても許せない人がいる?」という質問に、

「船越くんもいませんか。私、いますよ」

と切り返したため、船越はちょっと困惑していたものだ。

おそらく、こういうとき、ネットニュースになるような面白いことが言えれば、番組ももっと盛り上がっていたのではないか。「悪くても感謝」でやりすごすのは処世術としては賢くても、テレビの数字にはつながらないのだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.