くらし情報『『おちょやん』にも続々出演、タカラジェンヌが朝ドラに“求められる”理由』

2021年4月5日 11:00

『おちょやん』にも続々出演、タカラジェンヌが朝ドラに“求められる”理由

『おちょやん』にも続々出演、タカラジェンヌが朝ドラに“求められる”理由
写真左から小柳ルミ子(劇団での芸名は夏川るみ)、紺野まひる、純名里沙、野々すみ花
現在放送中の朝ドラ『おちょやん』。上方女優の浪花千栄子の生涯をモチーフに描いている。このドラマ、朝ドラファン以外、宝塚歌劇団のファンからも注目を集めている。映美くらら、明日海りお、木月あかり、星蘭ひとみ、湖条千秋。これまでの朝ドラに比べ、歌劇団のOGが多数出演しているのだ。

■大阪制作はタカラジェンヌを
起用することが多い

「今回はNHKの大阪放送局が制作しているということが、理由のひとつにあると思います」

と、ドラマについてのコラムなどを多数執筆している田幸和歌子さんは話す。

「もともと大阪制作の朝ドラだと、元宝塚の女優さんを起用することが多い傾向にあります。関西という地元でのつながりがありますから。

また俳優さんだけでなく、『わろてんか』では高橋一生さんが演じた伊能栞のモデルが、宝塚歌劇団の創設者、小林一三さん。朝ドラと宝塚の親和性は強く感じますね」

ほかにも『おちょやん』では、演劇の世界が描かれていることも理由に挙げられるという。

「舞台女優さんが演じているから、作中の舞台シーンの芝居が自然に見えますよね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.