くらし情報『『おちょやん』出演の映美くらら、話題のシーンで生きたタカラジェンヌの“技”』

2021年4月5日 06:00

『おちょやん』出演の映美くらら、話題のシーンで生きたタカラジェンヌの“技”

『おちょやん』出演の映美くらら、話題のシーンで生きたタカラジェンヌの“技”
映美くらら
「朝ドラは事前にリハーサルを入念にさせていただけます。舞台出身の私にとってはほかのドラマに比べて、とてもやりやすい感じです」

こう話すのは、現在放送中の『おちょやん』に薮内清子役で出演した、元タカラジェンヌの映美くらら。杉咲花が演じるヒロイン・千代が役者を目指して飛び込んだ『山村千鳥一座』の一員だ。

「演出の梛川(なぎかわ)義郎さんからは、一座の有能な秘書という感じで演じてほしいと言われました。大切にしたのは、山村千鳥さんを尊敬していて、いちばんのファンが清子ということ」

■「宝塚歌劇団」のセリフへの思い

『おちょやん』には、これまで5人の元ジェンヌが出演。だが、映美は現場では誰とも会えなかったという。

「私と在団期間がかぶっていた明日海りおさんとは、私がリハのときに衣装合わせで来ていたんですけど、残念ながら時間が合わなくて会えませんでした」

その明日海だが、’19年末に退団してから、今回が2本目となるドラマ出演。朝ドラは初めてだった。彼女のシーンで話題になったのが、ずっとカメラ目線で“目力”を込めてセリフをしゃべる姿。

「宝塚の舞台だと、ファンサービスでお客さまひとりを視線で狙い撃ちするときがあります(笑)。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.