くらし情報『東京臨海病院の研修医が深夜の「3密飲み会」で大騒ぎ、警察出動のあきれた醜態』

2021年3月31日 05:00

東京臨海病院の研修医が深夜の「3密飲み会」で大騒ぎ、警察出動のあきれた醜態

東京臨海病院の研修医が深夜の「3密飲み会」で大騒ぎ、警察出動のあきれた醜態
飲み会に集う研修医たち。楽しそうにコンビニで買い出しを行っていた
「病院内では職員同士のコロナ感染も報告されています。それなのに、若い医師や研修医たちは頻繁に飲み会を……」

関係者はため息をつく。

■コロナ患者を治療する病院で
若い医師たちが頻繁に飲み会を

1月から発令されていた新型コロナウイルスの感染拡大による、東京都の緊急事態宣言は3月21日に解除されたが、収束は程遠く、感染者は増え続けている。

2月からは国内の医療従事者を対象としたワクチン接種が開始。一般向けにも4月から接種が始まるが、変異株の到来もあり、効果を疑問視する声も上がっている。

そんな中、3月中旬、東京・江戸川区にある私立病院、東京臨海病院の関係者から週刊女性に冒頭の告発が届いた。

内部の事情を詳しく聞くと、

「東京臨海病院はコロナ感染患者を治療する病院です。ところが働く若い医師や研修医、看護師たちは病院が禁止しているにもかかわらず、緊急事態宣言下でも、頻繁に飲み会や宅飲みを行っていました。

2回接種が必要とされるワクチンは1度しか打っておらず、対策は不十分です」

衝撃の内容だが、さらに驚くべき事実が……。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.