くらし情報『草なぎ剛ら「新しい地図」は生の舞台で着実に成長、出はじめた “木村拓哉との差”』

2021年4月1日 05:00

草なぎ剛ら「新しい地図」は生の舞台で着実に成長、出はじめた “木村拓哉との差”

草なぎ剛ら「新しい地図」は生の舞台で着実に成長、出はじめた “木村拓哉との差”
木村拓哉と「新しい地図」の草なぎ剛、稲垣吾郎、香取慎吾
「俳優の」という肩書きが、この3人にはしっくりくるようになった。

「新しい地図」の稲垣吾郎(47)、草なぎ剛(46)、香取慎吾(44)の“演技者”としての活躍が目覚ましい。

つい先日発表された日本アカデミー賞では、映画『ミッドナイトスワン』に主演した草なぎが、最優秀主演男優賞を受賞した。

「3人のすごさは、生の舞台によって鍛えられていると思います。SMAPが解散しジャニーズ事務所を退所して以降、地上波のドラマなどに出演する機会がジャニーズ時代のようになくなったことが、結果的にこの3人を“本物の俳優”、“本物の役者”にしたと考えます。そう考えればSMAP解散の功績がこの3人の今ですよ」

そう語るのは演劇評論家だ。

■舞台から20年以上離れている木村拓哉

草なぎは昨年1月に上演された舞台『アルトゥロ・ウイの興隆』の主演を務めたが、「草なぎのためのショー、舞台だった。歌と踊りとセリフで観客を鼓舞し、まるで希代のアジテーターでした」(前出・演劇評論家)。現在出演中のNHK大河ドラマの自身の撮影分終了後、今年11月の再演が決まっている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.