くらし情報『矢口真里の“クローゼット不倫”から8年、騒動すら武器にかえる「厚顔無恥のタレント力」』

2021年4月3日 10:00

矢口真里の“クローゼット不倫”から8年、騒動すら武器にかえる「厚顔無恥のタレント力」

矢口真里の“クローゼット不倫”から8年、騒動すら武器にかえる「厚顔無恥のタレント力」
矢口真里
“クローゼット不倫”──約8年前、『週刊女性』のスクープによって世間を騒がせたその騒動は、日本芸能史に残るレベルの大スキャンダルでした。

当時、中村昌也(34)と結婚していた矢口真里(38)が中村の不在時に、梅田賢三(33)を自宅に招き入れたところ、中村が帰宅。慌てた梅田は服を着ずにクローゼットに隠れたが、結局、中村に見つかり梅田は土下座をして謝罪。まるでドラマのような展開を繰り広げ、世間に大きな衝撃を与えました。

その張本人である矢口は中村と’13年5月30日に離婚したことを報告。その後、’18年3月26日に梅田と再婚し、’19年8月には第一子となる男児を出産しました。そして、今年3月27日のブログで、3回目の結婚記念日に夫婦水入らずで食事デートをしたことを報告しています。

しかし、それが大炎上。

結婚記念日デートを報じたネットニュースのコメント欄には、瞬く間に彼女へのバッシングで埋め尽くされていったのです。

自分たちの犯した不貞行為で中村昌也を傷つけ結婚生活を破綻させておきながら、中村はもちろん、その親族らの心情を考えず、ブログで幸せアピールするなんてどういう神経しているのか──要約するとこんな意見が多く見受けられました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.