くらし情報『加藤浩次を追う谷原章介、不戦の羽鳥慎一、視聴率ニュースに上がらない「本当の勝者」』

2021年4月2日 16:00

加藤浩次を追う谷原章介、不戦の羽鳥慎一、視聴率ニュースに上がらない「本当の勝者」

加藤浩次を追う谷原章介、不戦の羽鳥慎一、視聴率ニュースに上がらない「本当の勝者」
朝の顔、(左から)日テレ・加藤浩次、テレ朝・羽鳥慎一、フジ・谷原章介、TBS・川島明
4月1日をまたぐ週を、テレビ業界は新年度のスタート週と位置づけ(年度の視聴率競争の第1週)、新番組がそこからスタートする。

今季、とりわけ注目を集めているのは、朝8時の帯番組。日本テレビ系『スッキリ』の加藤浩次(51)とテレビ朝日系『羽鳥慎一モーニングショー』の羽鳥慎一(50)は変わらないままだが、フジテレビ系『めざまし8』は俳優の谷原章介(48)、TBS系『ラヴィット!』はお笑いコンビ・麒麟の川島明(42)を起用したからだ。

■20〜40代の女性層がカギ

ビデオリサーチ社調べによる初日視聴率がメディアに報じられた。日テレ8・8%、テレ朝10・6%、フジテレビ6.2%、TBS2・7%。

「スポーツ紙や週刊誌の記事を読むと、テレ朝の羽鳥さんが強そうだと思いますが、実は高笑いしているのは『スッキリ』の加藤さんなんです。吉本興業とのエージェント契約が3月いっぱいで終了し、司会降板に言及する憶測記事も結構読みましたけど、数字を見る限り加藤さんは万全。交代する要因は視聴率を見る限りありませんね」

そう明かすのは民放編成関係者だ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.