くらし情報『月収80万円からの転落人生、“正社員シングルマザー”がコロナで感じた「無力感」』

2021年4月8日 05:00

月収80万円からの転落人生、“正社員シングルマザー”がコロナで感じた「無力感」

月収80万円からの転落人生、“正社員シングルマザー”がコロナで感じた「無力感」
コロナ禍の荒波は正社員として働く山口さん親子にも襲いかかった
パートを減らされ、クビを切られては職探し。生活困窮者に食料支援を行う「フードバンク」には、綱渡りの暮らしを送るシングルマザーが殺到している。長引くコロナ禍であぶり出された過酷な実態に迫る!

■コロナ禍で離婚、何度も“職探し”

昼下がりの閑静な住宅街に、自転車やベビーカーを押して歩くママたちが続々とやって来た。目的地のビルに到着した順番に、色とりどりの野菜やパン、牛乳、お菓子などの食材が入ったケースを受け取ると、袋やスーツケースに詰め込み、それぞれの家へと帰っていく。

春の陽気に包まれた2月下旬、東京都足立区で開かれた、生活困窮者へ無償の食料支援を行う「フードバンク」の模様だ。主催するのは、子育て中の母親たちを支援するNPO法人『子育てパレット』。フードバンクは毎月1回開かれ、参加者は足立区に在住のシングルマザーが対象である。

食材を受け取ったひとりの女性に話しかけてみると、「コロナの感染が拡大する直前に離婚しました」と事情を打ち明けてくれた。

この女性(40代)は現在、足立区にある実家で、高校生の長女ら子ども3人と暮らしている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.