くらし情報『《長野・安曇野》実母を殴って焼き殺した長女、エリート一家からの脱落と金欠生活』

2021年4月6日 05:00

《長野・安曇野》実母を殴って焼き殺した長女、エリート一家からの脱落と金欠生活

《長野・安曇野》実母を殴って焼き殺した長女、エリート一家からの脱落と金欠生活
中学時代は美人で秀才のため、目立つ存在だった張康恵容疑者(本人ツイッターより)
「昔は明るくハキハキした娘さんでね。母親と一緒にチワワを連れて散歩したりして、とても仲睦まじかった。どうしてこんなことに……」

近所の住民は、続ける言葉が見つからない。

■実母を殴った上で、灯油をかけて焼死させる

3月5日、事件は長野県安曇野市の雄大な自然に囲まれた新興住宅街で起きた。午後2時20分ごろ、帰宅した張新月(しんげつ)さん(58)はすぐさま異変に気づいた。自宅の一部が燃えていたからだ。さらにそこには妻の明亜(めいあ)さんが倒れていた──。

「新月さんはすぐに119番通報。火事はボヤ程度で消えたものの、明亜さんは心肺停止状態ですでに死亡。死因は焼死で、現場には複数の血痕があったようです」(地元メディア記者)

長野県警と安曇野署は殺人の疑いがあるとして、捜査を続行。それから3週間以上を経た3月29日、現住建造物等放火と殺人の疑いで逮捕されたのは、明亜さんの長女で住所不定、無職の張康恵(26)容疑者だった。

「容疑者は実母をボコボコに殴ったうえで、そばにあった石油ストーブの灯油をかけ、火をつけて焼死させてしまったのです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.