くらし情報『《長野・安曇野》実母を殴って焼き殺した長女、エリート一家からの脱落と金欠生活』

2021年4月6日 05:00

《長野・安曇野》実母を殴って焼き殺した長女、エリート一家からの脱落と金欠生活

家族仲もいいし“いい奥さん”のイメージしかないですね」(同・主婦)

■小学校時代はクラスの人気者

そんな微笑ましい一家に育った康恵容疑者はなぜ凶行に走ったのか──。小学校の同級生が次のように証言する。

「ヤッちゃんは小学生のころからスラリと背が高くて、きれいでした。友達が自然と集まってくる、みんなの輪の中心的な存在でした」

別の近所の人は、

「いつもローラースケートをして、この辺を遊び回っていましたよ」

活発に動き回る“やんちゃな子ども”のイメージが強かった康恵容疑者。

中学校に入ると、勉強がズバ抜けてできるようになったという。康恵容疑者の妹も賢く、国立大学を卒業。現在は関西方面の大学の研究員として勤務している。まさしく、エリート一家なのだ。容疑者の同級生は、

「すべての教科がトップクラスの成績でした。美人で勉強もできるから、目立つ存在。でも、性格は控えめだった印象です。目立つことを嫌がっていた感じがして……」

前出の近所の住民からはこんな話が──。

「康恵ちゃんは中学生になって、だんだんと人の輪に入っていけなくなって、学校を休みがちになっていったみたいですよ。それでも頭はいいから、県内屈指の名門高校に入ったんだけど、そこでも不登校になってしまったようで……」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.