くらし情報『柄本時生、兄・柄本佑への世間の反応について「兄ちゃんは、もともと男前」』

2021年4月8日 17:00

柄本時生、兄・柄本佑への世間の反応について「兄ちゃんは、もともと男前」

柄本時生、兄・柄本佑への世間の反応について「兄ちゃんは、もともと男前」
柄本時生撮影/伊藤和幸
名優・柄本明の次男に生まれ、自身も独自の存在感を発揮している柄本時生。映画・ドラマ・舞台など、出演はすでに150作を超える。これまでの歩みは?

■運のよい自分を恥じている

「運がよかっただけという気がします。最初は映画だったんですけど、兄ちゃん(柄本佑)に来た仕事が年齢的に兄ちゃんができなくて……。小学生の役なのに、もう高校生。で“弟がいるらしいよ”というところからオーディションに呼ばれたんです(※1)。

それまでは俳優を目指していたわけでもなく。普通にプロ野球選手とか、神輿をつくる宮大工とか、そっちに夢を持っている人間でした。ただ親の影響で、とにかく映画はたくさん見ていましたね」

そうして足を踏み入れた世界は楽しくも刺激的だった。

「初めて現場に出た14歳のころから、スタッフさんが映画の話になったとき、普通に大人の会話についていけちゃったんです。で、大人に“おまえ、その年で見ているの!?”って驚かれるのがすごい気持ちよくって。

“俺って大人に認められてるんだぜ”って悦に入るというか。中二病ですよ(笑)」

大学受験に失敗し職業欄に「学生」と書けなくなったのを機に、自然と役者としての覚悟が決まっていったという。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.