くらし情報『医師不足、ドタバタの供給スケジュール、コロナワクチンの高すぎる「接種」ハードル』

2021年4月7日 05:00

医師不足、ドタバタの供給スケジュール、コロナワクチンの高すぎる「接種」ハードル

医師不足、ドタバタの供給スケジュール、コロナワクチンの高すぎる「接種」ハードル
3月5日、東京都の都立駒込病院で医療従事者を対象にワクチン接種が行われた
4月12日から高齢者向けの新型コロナワクチンの接種が開始される。しかし、課題は山積みだ。

「供給体制が整っておらず、今後の接種のスケジュールは不透明な状況です」

そう語るのは、医療問題に詳しいジャーナリストの村上和巳さんだ。

ワクチンの接種は高齢者や基礎疾患のある人が優先で、一般の人はその後となる予定だが……。

「承認されている米ファイザー社のワクチンは、増産体制を整えているところです。欧米の感染状況が悪化しているため、日本に回す分がいつ、どのくらい届くか、直前まで確定しないこともあります」(村上さん、以下同)

いつ届くのかわかるのは1週間前で、場合によっては2、3日前になるという情報もあり、非常にドタバタした状況。今後、ワクチンが届かずにスケジュールが後ろ倒しになる地域も出てくるだろう。

「今の状況だと、一般の人にワクチン接種が開始されるのは7月までズレ込むのではないかと思います。最悪、8月か9月までかかるおそれも」

届けられたワクチンは冷凍庫のある各自治体の医療機関などに送られ、保管される。

■輸送時の揺れでワクチンが損壊!

だが無事にワクチンが届いたとしても、接種を行うまでの過程にも不安要素が……。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.