くらし情報『【追悼】橋田壽賀子さん、連載担当者に聞いた「最期の2年間」』

2021年4月8日 06:15

【追悼】橋田壽賀子さん、連載担当者に聞いた「最期の2年間」

この贅沢な時間について、たびたび『のん気で幸せ』と形容されていたのを覚えています。ずっと仕事に追われてきた人生だったから、何もしなくていいのは初めて、とも。

■iPhoneの使い道は……

──あまり知られていない橋田先生の一面は?

ととのった毛並みのアメリカン・ショートヘアーで、柄が左右対称でめずらしい猫を飼われていました。名前はチェリー。10年以上前に『渡る世間は鬼ばかり』の制作スタッフの方々からプレゼントされて飼い始めたそうです。

『私にあまり懐かない。触ったらひっかかれることもあるんですよ』とぼやかれていましたが、猫に声をかけるときは子どもをあやすような話しかたをされていたので、とても可愛がられているのだなと感じました。

先生は『電話の出方すらわからない』とデジカメがわりに使っているiPhoneをお持ちで、猫のムービーを見せてもらうこともありました。あまり動かない猫の前で無言でスマホを構えている姿がとても微笑ましかったです。少し手ぶれしていて。

そんな猫について先生は、お金を渡すから私が死んだら誰か面倒をみてくれないだろうか、と気がかりな様子でした。そんな心配をよそに、ちょうどご主人の33回忌にあたる2020年9月27日にチェリーは動物病院で息をひきとりました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.